ある大手探偵の浮気調査で「不倫の証拠」をつかんだ後、
やり直しを希望する方は約7割もいらっしゃいます。

絶対離婚したくない!
話し合いで関係修復を望むなら、専門カウンセラーが常在し、やり直しに強い探偵がおすすめ。

離婚の原因は浮気が多いですが、そのほか、
別居・DVなど様々な理由があり離婚調停(離婚裁判)まで進んでるケースも。

夫(旦那)・妻(嫁)とやり直したい

もしも夫(旦那)・妻(嫁)が浮気しているんじゃないだろうか
という悩みが生じた時には、それを解決する策として浮気調査を依頼するという手段も有効です。浮気調査とは決して裏切りを証明するためだけのネガティブなものではなく、夫(旦那)・妻(嫁)を大切に思っているからこそ、今後も前向きに関係を築いていきたいという方にもお勧めです。

人は一度疑念が生じてしまうと、その不安感に支配されて冷静さを失います。例えばお相手に本当に急な残業が舞い込み帰宅が遅くなった、もしくはデートをドタキャンされたなどのことでも、万事にマイナス思考が先立っていると、この人は嘘をついているのではないかと感じてしまいます。感情とは時に判断力を鈍らせ、自らご自身をミスリードしてしまうものなのです。

そこで、おふたりの間柄を外部から見つめられる第三者の視点が重要となってきます。仮に悩みを親友に相談したとしても、それを受ける側も大事な友を思うあまりに、なかなか公平な助言は出来にくいのが現実です。つい一緒に感情的になってしまい、そんなに辛い思いをしているのならば別れたほうが良いなどという早計なアドバイスになりがちです。

心の奥底ではやり直したいと思っている時に、これではかえって後向きにベクトルが働いてしまいます。だからこそ客観性をもてる機関の視点・調査力が有効なのです。

探偵の浮気調査の結果次第では夫(旦那)・妻(嫁)の潔白が証明され、不安感から即解放される幸せな例もありますし、浮気が判明してしまった場合でも、それを踏まえた上で、この先どう二人の間柄を修正していくべきかを建設的に考えられます。ご自身の心中や頭の中だけで悩みを必要以上に膨らませず、先ずはきちんと事実を把握することが肝心なのです。

離婚したくない

探偵に浮気調査を依頼する方の目的は実に様々で、具体例を挙げますと、最終的には離婚をしたいので、今のうちに相手のウィークポイントをあぶり出しておきたいというハードなケースから、漠然と現状の夫婦関係に不安感を抱き、その原因が相手の浮気にあるのではないかと悩まれているケース、あるいは既に浮気自体は確定なのだが、その相手がどこの誰なのかを突き止めたいというケースなど、依頼者の動機はそのベクトルによって違ってきます。

ではベクトルとは何なのかを考えると、それは浮気調査の結果後に果たしてどうしたいのか、ひいてはどう生きたいのかということにも繋がっていくのです。

先に挙げた例になぞらえると、離婚目的の方はひとえに自分自身の今後のための一段階といえます。逆に不安感から解放されたいという方は、それほどまでに相手のことを深く思っている証でもあり、仮に浮気の証拠が出て来てしまったとしても、それを踏まえて上で関係を修復し、ふたりの今後を見い出したいという、前向きな一歩への足掛かりとなることも有り得ます。

また矛先が夫(旦那)・妻(嫁)にではなく浮気相手へと向けられているケースでは、怒りや恨みや悲しみを自分たち夫婦以外へ向けて投げ出すことにより、不純なものを浄化してリセットできる場合もあります。

いずれにしても浮気調査とは、決して破局へと向かうためだけにあるのではありません。臭いものには蓋とばかりに見て見ぬふりでやり過ごし、取り返しのつかない地点到達を招くよりも、 離婚を未然に防ぐための有効な手段なのです。