最安値の尾行調査を依頼するなら、方法は2つ。

1、1時間6000円~で、1時間単位で依頼する
2、パック料金で総額込の値段で依頼する

最安値の尾行調査 1時間単位で依頼する

尾行調査を依頼するとき、
会社の退勤~自宅までなら数時間なので、1時間当たりで依頼できる探偵が安上がり。

1時間当たり費用を表記している探偵・興信所も多いですが、
注意したいのは最低稼働時間制。

これは1時間では採算が合わないので、4時間以上、5時間以上などで契約するパターン。
※意外とこのケースは多いので注意

1時間6000円~(調査員1名)と書いたのは、
大手のハル探偵社、東京探偵社AIがこの料金のため。

ハル探偵社は全国11支社ある、全国対応可能な大手。
東京探偵社AIは大手弁護士法人がつくった探偵会社。

探偵業界で事実上の最安値。

これ以上の安い料金だと、調査内容に不安があります。

※地方都市で地元密着の個人経営の探偵さんでも、
1時間6000円~(調査員1名)は安い料金です

一般社団法人 東京都調査業協会が加盟している探偵・興信所へのアンケート調査を行いました。

その結果、時間あたりの調査料金は、

調査員2名の場合
1.0万円以上~1.5万円未満が全体の24%
を占めました(諸経費別)

調査員1名換算だと1時間5000~7500円

諸経費別なので、はやり1時間6000円~(調査員1名)が最安値と考えていいでしょう。

尾行調査を最安値にするため、依頼する前に

浮気の尾行調査を依頼する場合、例えば「夫が浮気しているみたいなので、最安値で調査してください」とだけ言っても無理です。

まず探偵・興信所は本格尾行の前に、対象者の確認(面取り)をするので、まず写真画像(顔)と身長体重がわかるものを提出してください。確認すべき第一は、尾行対象の身長や体型、そしてどのような顔をしているか、誰でもすぐに分かる資料があること。できれば、全身が写った写真と、顔がアップになった写真が両方必要。

浮気調査のために写真を撮らせてくれとは言えないので、手持ちの写真の中から、現在の尾行対象の特徴にあった写真を選ぶ必要があります。この時、髪の色や髪形、ひげの有無等が現在の尾行対象と同じことを確認しておくべきです。

また、対象者が行くであろう予測される場所・行動傾向がわかればその情報も重要。

徒歩・電車の尾行と、車での車両尾行では難易度も異なり料金が違います。
尾行につかう経費・調査員の人員もちがうので、ここらへんは探偵・興信所と最安値がいくらになるか、それぞれ確認が必要。

徒歩・電車の尾行での最安値
車での車両尾行での最安値

このふたつの料金は違ってきますので注意