浮気調査を探偵に依頼した体験談です。
探偵に頼むときの流れがわかる経験談をふたつ紹介します。
※今回は探偵側からみた体験談

目次
1、旦那の浮気の兆候で依頼したケース
2、妻の外出や外泊で依頼したケース

探偵依頼体験談その1:旦那に浮気の気配が

大手探偵事務所に依頼された事例。

最近、旦那の行動に不信を抱くようになり、いつも相手の動きや行動が気になるようになったという一人の女性の相談を受けました。

依頼者である女性の話によると、旦那さんはいつもはまじめに毎日定刻に帰宅をしていたようなのですが毎日残業だとか、飲み会があると言っては帰宅はいつも遅くなっていました。

それに何回か、無断で帰ってこなかったこともあったようでなんだか気になりだして悪いとは思ったらしいのですが、ケータイのメールを見てしまった。

するとそこには、女性の名前があり相手とのやりとりをしている部分があったのです。
確信を持った彼女は、それとなく遠まわしに旦那に話をして聞いてみたそうなのですが、とぼけて話にならない。

彼女は誰にも言えず一人で悩んでいたのですが、浮気調査の会社を知って思い切ってその浮気調査の会社へ依頼の電話をいれました。

浮気調査の会社のスタッフの人に、話を聞いてもらうと何だか安心して独りで苦しまなくてもいいんだと思えるようになり浮気調査の依頼をお願いしました。

浮気調査会社のスタッフは、彼女の話を真剣に聞いてあげたので彼女もこんなところに相談するところがあったんだと、気持ちも楽になり余裕を持てるように。

しばらくの間調査に取りかかった結果、やはり女性の影というのはあったようですべての結果を彼女に伝えたのですが彼女の方もだいぶ気持ちに整理がついてきていたみたいでしたのであまり動揺もすることなく、自分なりに一番良い方向を考えていくことを決心できました。

探偵依頼体験談その2:妻の外出や外泊で依頼したケース

大手探偵事務所に依頼された事例。

妻の行動が気になって、一人の男性が浮気調査の依頼に。
男性はこの頃、妻の行動が気にって仕方ないと心配の様子。

真相を聞いてみると、何でもこの頃なんだかんだ用事をつくっては外出が多くなり帰宅時間も遅いことが多い。

それに友達の家に泊まるなどと言っては、何度か外泊もあり様子が変だと言っているのです。

今のところ決定的な証拠がないので、自分としてもどうすることもできずやり場のない気持ちに悩み、浮気調査に踏み込みました。

友人などにも相談できる内容ではないので、浮気調査に依頼するよう決心し、
相談の話を詳しく聞いた結果、依頼者と契約が交わされ浮気調査を開始。

奥さんの行動を24時間体制で監視した結果、外出や外泊先は旦那さんが思われていたことと一致しており、やはり相手は男性であるという事が確信できました。

調査のすべてが完了して、旦那さんにその報告書を渡し話を伺ったのですが、自分なりに心の準備はできていましたし気持ちの整理もだんだんできてきて冷静に考えられるようになりつつあるので、今から先のことは彼女ともう一度話をしてみてそれから決めるようです。

旦那さんは奥さんのことをたいへん愛されていて、そのような結果が出たことを大変残念に思っていたようなのですが、浮気調査に依頼してみてこんなに早く結果がわかり今から先のことを考えられるので良かったと言っていました。