探偵の婚前調査で結婚詐欺を見破ることは可能です。

結婚相手の既婚歴、勤務先、交友関係などの結婚前の調査で、
結婚詐欺もしくは財産目当ての結婚か判断できます。

そして、最近増えてきたのが、各種の詐欺の調査。
自宅訪問や電話の勧誘で被害が増えているので、探偵への相談・依頼も多くなってます。

結婚詐欺は、従来の婚前調査で判断できますが、
それ以外の詐欺調査はどこまでできるのでしょうか?

探偵業法で行えるのは、
●尾行
●張り込み
●聞き込み
および必要な信用調査など。

探偵の詐欺調査は、会社の信用調査タイプ、もしくは依頼者の被害や依頼内容にて決まります。

詐欺調査での証拠とは?

詐欺との判断できる証拠を集め、弁護士・警察に動いてもらうことが目的。

そのため、弁護士と提携している大手探偵事務所がおすすめ。

多くの探偵は浮気調査専門が多いため、詐欺調査を行う探偵は少数。
しかも、調査完了後、詐欺に強い弁護士を紹介してくれるとなると、
原一探偵事務所などの大手が安心です。

最初から弁護士と探偵が同席で面談すれば、
裁判に必要な証拠・調査内容などがハッキリします。

余分な調査もなくなり料金も安くなるので、
まずは弁護士に相談して、その後、探偵へ依頼する流れもいいでしょう。

詐欺調査の内容は?

まず、その悪質・悪徳会社の登記している会社情報を調査。
架空のダミー会社(幽霊会社)ではないか?

もし訪問する営業マンがいれば尾行して、
実施の会社名や所在地を調べるとこも可能。

料金は費用は依頼内容によって異なるので、
複数の探偵から見積もりを取ってください。

また、「詐欺調査」を引きつける探偵・興信所はあまり多くありません。
まずは無料相談で、予算と詐欺の内容を伝えてみてください。

弁護士が推薦する原一探偵事務所や、
弁護士が作った東京探偵社AIなどの大手も選択肢にいれるといいでしょう。、