<目次>
1,興信所の素行調査とは?
2,興信所の素行調査の相場
3,興信所の素行調査の費用料金安いのは?
4,浮気の素行調査の方法

興信所の素行調査とは?

以前は興信所と探偵の住み分けがありました。
仕事の業務内容の違いがあったのですが、現在はその差はほとんどありません。

興信所の素行調査、探偵の素行調査は同じです。

理由は平成19年に施行された「探偵業法」。
(正式名称は「探偵業の業務の適正化に関する法律」)

この法律で興信所・探偵ができる業務が定められ、同じ法律で同じ業務となったため。
興信所の素行調査は、合法的に尾行追跡・張り込み・聞き込みがが可能。

興信所の素行調査の相場

実は興信所業界に「相場・定価」は、あってないようなもの。

どういったことかと言うと、依頼内容・難易度・期間によって料金がことなるため。
いわゆる平均値はありますが、定価・相場はないのです。

たとえば興信所の素行調査といっても、依頼内容はさまざま
1,尾行の行動調査だけしたい
2.浮気の証拠をとってほしい
3,浮気相手の名前・住所・顔写真を取ってほしい
4,社員の不正の証拠をとってほしい
5,結婚相手の学歴・勤務先を調べてほしい
などなど、いろいろな依頼があります。

これらの難易度により、期間・機材・興信所の調査員の人数が変わり、料金が決定します。

つまり、依頼人ひとりひとりの値段が誓うので、正確な相場が出せないのです。

目安としての相場感覚は1日10万円前後。
興信所の素行調査として1日8~12万円くらいなら、妥当な範囲といえます。

興信所の素行調査の費用料金安いのは?

安い料金としては、1時間あたり2万円(調査員2名)なら妥当な安い価格帯になります。

1時間6000円~(調査員1名)が事実上の最安値。
調査員2名だと、1時間12,000円ですね。

これは東京・横浜・名古屋・大阪の大都市での最安値。

地方で地元密着の実績ある興信所なら、
1時間5000円~(調査員1名)のところもあります。
調査員2名だと、1時間1万円。

いずれにしても、調査料金に他の諸経費などが別途にかかることがあるので、総額で費用を考えましょう。

あと費用料金で大切な点は、追加費用・延長料金・深夜割増・報告書の作成費用など、見積もり以外の別途経費。

これらが最初から含まれている見積書あんらいいですが、オプションなら別途費用がかかるはず。

総額でいくらになるかを契約前に興信所に必ず確認してください。

また、諸経費は交通費の実費や郵送代のことが多いですが、この諸経費の内訳も確認してください。
※一部の悪徳探偵は「水増し請求」を平気でやります。

これらの詳細は下記の探偵・興信所の突撃レポートが参考になります。
【参考サイト】素行調査の料金相場 大百科

浮気の素行調査の方法

興信所ができる素行調査は、尾行・張り込み・聞き込み。

依頼した対象者ターゲットの尾行追跡で、浮気相手と密会する現場をおさえます。
また、浮気相手の名前・住所・勤務先と顔が判別できる写真を得ることも興信所は可能。

離婚や慰謝料請求など裁判訴訟を検討しているなら、その内容を興信所へ伝えて、報告書を作成してもらってください。

興信所の多くは浮気の素行調査がメインなので、浮気・離婚問題に強い弁護士事務所の紹介もしてくれます。