探偵事務所が行う浮気調査の内容として、
●ターゲットとなる人物の「尾行」や「張り込み」
●周辺人物や行きつけの店などでの「聞き込み」を行って依頼人の与り知らない行動パターンを掴みます。

その過程において決定的な浮気現場に遭遇したおりにはカメラや高性能の録音機材などを駆使して確実に証拠を押さえます。

こういった調査を一ヶ月ほど続けると、浮気の有無はかなり高い確率で特定することができます。

探偵業法により「尾行・張り込み・聞き込み」は認められています。

もちろん各都道府県の公安委員会に認可されている探偵に対してで、未認可の探偵がこの行為を行ったら違法

浮気調査が成功したあと

成功したあとの対処はいろいろありますが、探偵事務所では依頼人と共に浮気の証拠をターゲットに突きつけて交渉を行ったり(示談)もあります。

あるいは問題がこじれた際に法律的なアドバイス、弁護士の紹介などを行うアフターケアも行っているケースが多く、その面での専門性の高い問題解決においても多くの成功例を有していると言えるでしょう。

最近は探偵や興信所が弁護士事務所と提携しているケースも多く、離婚問題に強い弁護士が担当してくれることも多いので、費用面を確認した上で、依頼するといいでしょう。

探偵と提携している弁護士事務所

東京探偵社ALG(旧東京探偵社AI)の親会社は大手弁護士法人のアヴァンセ・インテリジェンス。

ちょっと紹介したいのは、この探偵へ依頼する前の相談でも、弁護士の同席が可能。基本的に相談は無料なので、事前に確認してみるといいでしょう。

場所は東京(新宿)、神奈川(横浜)、埼玉(大宮)となりますが、もともと弁護士法人がつくった探偵なので、依頼前の相談のときに希望するれば弁護士も、その後、どうなるかなどの具体的アバイスをもらえるかも。

探偵は証拠を取るのが仕事であり、その後は弁護士さんの範囲。
もちろん示談で済ませる場合でも弁護士さんがいれば、あなたの立場はかなり有利となります。

浮気の事実をつかんだあと、どうしたいかを考えておく必要があります。
最初は復縁を希望していても、実際の浮気現場と浮気相手を知って、離婚を選択する方も多くいらっしゃいます。

また、経済的な理由から離婚をしないで関係修復するケースもあります。

期待している浮気の慰謝料も相場的に150-200万円程度なので、過度な期待はしないで、弁護士さんのアドバイスを参考に今後の生活をしっかり考ることをおすすめします。