裁判所が認める浮気の事実とは不貞行為があったかどうか。

この場合の「不貞行為」とは肉体関係のこと。

裁判ではこれが証明できる事実が必要です

浮気調査でつかんたメールは証拠になる?

浮気・素行調査を行ってもらう時に、示談や相手に浮気行為を認めさせる証拠となるものとしてメールは特に重要です。
※裁判でどのように使うかは弁護士さんによって異なります。

なぜならば、文字として明確に記録として残っていることがあり、日時、時間、文章の内容、頻度などでいつごろからの付き合いが続いているのかも素行調査ではっきり根拠として示すにも、明瞭ですので役立ちます。

送受信の頻度や内容は、第三者から見ても明らかな事実になります。

ですから、探偵事務所などのスタッフは張り込みなどの調査と照らし合わせて情報収集に大いに活用していきいながら、事実をまとめて依頼者に調査を報告して行くようになります。

浮気の素行調査に欠かせないものとして、現在では情報収集の手段として役立っているものがメールのやりとりになっているほどです。

大手の探偵事務所さんに聞いてみた

基本的には前述した内容なのですが、やっぱりケース・バイ・ケースとなることが多いとのこと。

もちろん裁判では「不倫=不貞行為」なので、メールだけでは証拠になりません。

でも、浮気相手や浮気した配偶者への示談へ持ち込む場合に有効だったり、弁護士さんのなかにはメール内容を証拠として積み上げて、活用する場合もあるとのこと。

なので、裁判では使えなくても、浮気問題を解消するための重要な証拠としてつかるため、もし可能であればメール内容はおさえておきたいもの。

メールから浮気現場がわかる?

メール内容で密会の日時、場所がわかるケースもあります。

この場合はすぐに探偵へ報告して、当日の状況を調査すると高い確率で「浮気現場の証拠」をつかむことが可能です。

特に1日しか浮気調査の費用が出せないときは、メール内容を把握して確実にデートをする日に探偵の調査をぶつけるのが確実で、費用も安くなります。

中にはメール内容を見られて「通信の侵害」など言い出す浮気者もいますが、不貞行為をしている側からの発言なので、弁護士さんが対処してくれます。

浮気の証拠をつかんだあと、示談にするか、離婚裁判、慰謝料請求など複数のパターンがありますが、メールは有効な証拠となるので、出来る限りおさえてください。