浮気調査を低価格・低料金の最小限のコストに下げる方法。

最初に重要なことを言うと、

結果の出ない調査ほど高くて無駄なものはない

どんな低料金・低価格でも、
証拠が取れない浮気調査は、費用をドブに捨てるようなもの。

見せかけの激安価格ではなく、
結果の出る(証拠を取れる)浮気調査で、
必要最低限に低料金・低価格にする方法はあります。

結果の出る浮気調査を低価格・低料金にする探偵選び

前提として、調査能力が高く、証拠をとる探偵を選ぶこと。
メディアや広告の露出が高い探偵・興信所ではなく、結果の出せる探偵。

浮気調査は探偵事務所・興信所の
「調査能力=レベル」がもっともわかる調査。

どうやって探偵の調査能力・スキルを見極めたらいいのか?

それは、解決実績の件数を明記していること。

たとえば、創業から10万件の解決実績
もしくは、年間500件の解決実績など。

浮気調査・素行調査を含くめ、どのくらい結果を出したのか?

逆に、あてにならないのは
相談件数
売り上げ

これは証拠をつかんだことになりません。

相談件数はメディア、広告で露出を増やせば、それに比例して多くなります。
売り上げも高単価(高い料金・価格)であれば、大きな売りげになります。

これでは、浮気調査を低価格・低料金にできません。

まず、証拠の取れる、結果の出せる探偵を選ぶこと。

結果の出る浮気調査を低価格・低料金にする依頼方法

1、浮気の可能性が高い日に、調査をピンポイントでぶつけること。
2、可能であれば1日のみ、最初限の時間数にする
3、どこまでの証拠が必要なのか、事前に決定しておく

この3つがそろっていれば、最小限の費用までコストカットできます。

1日4時間くらいが多くの探偵の最低稼働時間。
通常調査員は2名以上なので、1日4×2名=8時間が最低時間の目安。

もちろん、値段ばかりに気を取られていたら、決定的な証拠をとるチャンスを、みすみす逃がすようなもの。

必要であれな延長、調査員の増員もオプションとして考えていたほうがいいです。

もし、尾行(浮気調査)にターゲット(対象者)に発覚すれば、
相手は警戒レベルを上げ、しっぽを出さないになります。

そうなれば、2度と証拠が取れない可能性も。

浮気の決定的な証拠をとると、勝負を決めた日には、必ず結果を出す気持ちで取り組んでいくこと。
また、MAX予算も事前に決めておけば、深追いしないで終了することもできます。

探偵選びには格安の料金にとらわれず、調査能力の重要さを理解してください。
最小限の費用で大きな結果・安心を得られるはずです。