1週間以上の浮気調査ならパック料金がおすすめ。
総額でのセット料金なので、割引幅が大きくなります。

稼働時間制や成功報酬制だと、
探偵が稼働した時間分の請求がくるので
時間あたりが割高になります。

一般的な説明だと、
※稼働時間制 ⇒費用は、探偵が稼働した時間の料金
※成功報酬制 ⇒費用は、依頼に関する情報がとれた後に支払い(稼働時間】
これも探偵により条件が違うので注意

浮気調査でパック料金制は、どの探偵?

パック料金の条件の探偵事務所を紹介していきます。

東京の探偵ならヒューマン探偵社、
全国対応なら原一探偵事務所が有名。

予算にあわせたパックを提案してくれます。

ヒューマン探偵社のパック料金

ヒューマン探偵が1日15万円の浮気調査パック料金セットがあります。
調査員2名・10時間のセット。

ます、通常の時間課金だと
<10時間料金 内訳>
基本料金3時間 8万円
延長時間7時間 10.5万円(諸経費込み)
合計  18.5万円

<10時間パック料金 内訳>
15万円(諸経費込み)

時間課金より3.5万円安い料金になってます。

これはあくまで1日10時間・調査員2名の価格。

当然、1日にしぼれない方もいらっしゃるので、
数日間のパック料金を設定しています。

浮気調査の難易度、期間、出張の有無、車両追跡の有無もあるので、
まずは無料相談で、自分のパック料金はいくらになるか、確認してみてください。

無料相談・お問わせはコチラ

原一探偵事務所のパック料金

各探偵社によって調査料金設定はバラバラ。
一定の基準で比較すると、明確に調査料金がわかります。

下記は原一探偵事務所の公式サイトにある料金例
1日の浮気調査を大・中・小規模の探偵に依頼したケースと弊社の料金を比較したものです。 haraiti-price

原一探偵事務所のパック料金は1日12万円

調査力も高く、分割払いもできるのが原一探偵の強み

原一探偵事務所

フリーダイヤル 0120-700-357

浮気調査のパック料金 費用に関するトラブル例

探偵業界は費用が不透明であり、注意したいパック料金のトラブルを紹介。
悪徳探偵に注意!
ケース1
浮気調査がなんと、車に設置したGPSだけ。わかるのは車の移動軌跡だけ。
つまり調査員が現地で行っていない(働いていない)

しかも、この探偵は依頼者に
「旦那の車がラブホテルに停まっている。追加のメンバーを送らなければ尾行が無理」 といい、
追加料金を請求。

ケース2
浮気調査を希望した日に、突然「人員不足を理由に調査が中止」
証拠をとる確率が高い勝負日を、みすみす逃してしまった。。。

ケース3
即日対応のできない探偵。たとえば「浮気調査指定日は4日前に連絡が必要」と緊急調査に対応できない

こんな探偵には要注意!

【関連記事】
探偵を雇う費用はいくら?料金が安い探偵を雇うと最安値の金額は