初めて探偵に依頼するときは、どの探偵を選んで良いのか分からないのは当然です。

全国に5000以上の探偵があり、認可のない悪徳業者もあります。

実際、国民生活センターに寄せられてた探偵トラブルの相談件数は増加しています

実際に探偵に依頼した方はどんなトラブルなのでしょうか?

探偵依頼の注意点【実際にあったトラブル】

国民生活センターに寄せられた探偵トラブルで主なものは2つ

1,「調査の内容が不十分」調査レベルの低さ

2,「高額な解約料を請求された」料金トラブル

しかも、この相談件数は年々増加傾向にあります。


【引用元】独立行政法人 国民生活センター
 http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/kousinjo.html

また大手に弁護士事務所にも同じような相談が持ち込まれています。

1,契約の際に聞いてない高額な料金を請求された
2,解約といったらキャンセルできないと言われた

探偵に依頼する前の注意点

契約前に絶対に注意したいポイント。
この内容は実際に探偵に聞いてみてください。

答えられない探偵には依頼してはいけません。

料金システムの説明を十分してくれるか?

1,料金体系は?⇒パック料金制、成功報酬制、稼働時間制のどれなのか
2,キャンセル・返金はできるのか
3,追加費用は発生するのか
4,見積もり以外の費用はかかるのか

調査能力のレベルは高いか?

1,過去の解決実績の件数は
2,裁判所に提出できる内容・報告書か
3,調査員は何名で行うのか
4、依頼者が調査員と連絡がとれるか(中止・延長の判断を伝えることができる)

このほか注意したいポイント

1,事務所を構えているか(架空オフィスではないか)
2,事務所の入り口に探偵届(公安委員会からの交付書)が掲示されているか
3,対応が一般企業と同じレベルか

優良探偵は対応も普通の企業と同じレベルです。

実際に訪問してみるとわかりますが、探偵事務所というより一般にオフィスにいる感じがします。

優良探偵を無料で探せるサービス

現在、全国に5000以上の探偵事務所があります。

これは届出済で各都道府県の警察・公安委員会に認可された探偵の数です。

無許可の探偵、便利屋を加えるともっと多い数字となります。

でも安心してください。

無料で優良探偵を探してくれる2つのサービスがあります。

街角探偵相談所

弁護士・司法書士を紹介する「街角法律相談所」が始めた探偵サービス。

全国優良100社からアナタの希望にあった探偵をコンシェルジュが探してくれます。

・警察署、公安委員会へ届出済
・弁護士と提携

匿名(とくめい)の相談可

また、この無料サービスから探偵に申し込むと、料金が20-40%OFFになる特典も!

>>詳しくはコチラ

探偵さがしタントくん

探偵さがしのタントくんでは、独自の厳格な審査基準を設けています。

紹介する探偵は
1,「調査実績500件以上」
2,「探偵調査員15名以上在籍」
3,「事務所を構えている」

などの厳しい審査基準をクリアした実力のある探偵を無料で探してくれます

探偵さがしのタントくん

匿名OK!安心の探偵選びなら、タントくん

浮気調査の基礎:浮気の言い訳を見抜く方法!

探偵事務所・興信所へ浮気調査が持ちこまれる男女の比率。

男性の浮気 約70%
女性の浮気 約30%

浮気の兆候、それは仕事が忙しくて今日は帰りが遅くなる、接待があるから週末にも出かけなければいけないなど定番のものもありますね。

最近では、巧妙な言い訳もありますが、いずれにしても浮気を疑いだしたら、相手の目をしっかり見て話すことを心掛けましょう。

詳しく相手の仕事を聞くこともいいですが、逆に嫌がられる場合もありますね。

そのために短い会話であっても、目を見て話ことが大切です。相手にじっと目を見られて、嘘の言い訳をする、これはよほどの精神力がないと、なかなかできることではありません。

またこれは家庭でできる浮気調査の第一歩ともいえます。

浮気調査をする時には、必ず気付かれてはいけません。そのために不要な言葉は口にせず、いつものように接すことが大切です。

復縁・別れを決意したら浮気調査を依頼

配偶者(夫・妻)もしくは結婚相手が浮気をしたかもしれないという時には、とても辛いものです。

好きな気持ちがあるからこそ一緒になっているのに、ほかの人のもとに行っていると思うだけで本当に嫌な気持ちになることでしょう。

しかし、そういった気持ちの変化に感づいていながらもそのまま生活を続けることほど、惨酷なことはありません。場合によっては、別れることを考えた方が幸せかもしれません。

そういった時には浮気調査をすることをおすすめします。離婚するといった時に、相手の不貞行為というのは離婚理由になるからです。

自分が受けた傷も慰謝料の形で支払ってもらうような流れにするためにも、浮気調査で証拠を残すことが大切なのです。ですから、正式な形で写真などを残せるようにしましょう。